ソーラーシェアリング向け中型太陽電池モジュールを発売

2014年11月05日

・面積が小さいため日陰ができにくく、農作物への影響を最小限に抑えることが可能
・中型でも従来のラインナップ同様の充実した保証内容

自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役:伊藤 敦、以下 当社)は、新たに自社製95W太陽電池モジュール「NE125×125-36-M(L)」を発売することになりました。

従来ラインナップの大型タイプでは、モジュール1枚あたりの面積が大きく、ソーラーシェアリング(農地にて農業と並行して行う太陽光発電)で使用した場合、地面に生じる影の面積が大きい状態が一日を通して続き、農作物の生育に影響する可能性があります。

今回発売する製品は、ソーラーシェアリングで使用する際に日陰を小さくしたいとのお客様のご要望にお応えするため、従来からオフグリッド(独立蓄電型)太陽光システム用に販売していた中型モジュールを改良。太陽電池モジュール1枚あたりのサイズを小さく(寸法1199×551×35mm)することにより、モジュールの影による農作物生育への影響を最小限に抑えることが可能となりました。

当社製の太陽電池モジュールは、長期信頼性およびその保証体制に関する認証「JIS Q 8901」を取得しており、同製品も中型であっても従来のラインナップと同様、多岐に渡る高度な検査をクリアし高い耐久性を有しております。

また、保証面に関してもAON-COFCO社(世界最大の保険コンサルティンググループ)との二重保証体制、リニア出力保証25年、経済損失補償10年と充実した保証を備えており、お客様に安心して発電事業を行っていただくことができます。

当社は、『自然エネルギーを普及させ、永続できる社会の構築に貢献する』という志を胸に活動しております。これからも自然エネルギー普及につながる事業だけに注力し、お客様の求める製品・サービスのご提供、最適な提案を行うことができるよう引き続き努めてまいります。

ソーラーシェアリング向け中型モジュール

太陽電池モジュールNE125×125-36-M(L)SI

型式 NE125×125-36-M(L) SI 095W
公称最大出力(Pmax) 95W
公称最大出力動作電流(Imp) 5.28A
公称最大出力動作電圧(Vmp) 18.0V
公称短絡電流(Isc) 5.63A
公称開放電圧(Voc) 22.7V
変換効率(%) 14.3
最大過電流保護定格 10A
最大システム電圧 1000VDC
公称質量 9kg
公称サイズ 1199×551×35mm
セル枚数 36 枚
セルサイズ/ セル種類 125×125mm(5 インチ)/ Si 単結晶セル
バイパスダイオード数 2
機械的荷重試験 (耐風圧・耐積雪)5400Pa
防眩加工
補強バー(オプション)

本件についてのお問い合わせ先

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社 インフォメーションセンター
TEL: 0120-338647  ※営業時間10:00~17:00(土・日・祝日除く)
メール:「お問い合わせページ」のメールフォームより送信ください

一覧に戻る