太陽電池モジュール出荷量が累計250メガを突破!

2015年02月18日

・リユース事業での検査分析の実績を基盤とする品質管理で高性能モジュールを提供
・自社ブランド製品の供給開始から4年目で達成

自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役:伊藤 敦、以下 当社)は、2014年末までに太陽電池モジュールの出荷実績が累計250MW(メガワット)を超えました。さらに、2015年3月には300MWに到達する見通しです。

当社は2003年に創業し、2011年から産業用に自社ブランド太陽電池モジュールの開発・製造を開始。現在は産業用だけでなく住宅用、オフグリッド(独立蓄電型)やソーラーシェアリング(農地にて農業と並行して行う太陽光発電)向けなど、多様なモジュールを取り扱っております。

また、当社では世界に先駆けて2005年から太陽電池モジュールのリユース(再利用)事業にも取り組んでおり、これまでに3万枚を超える中古太陽電池を検査し、様々な故障データを分析してきました。その豊富な検査分析の実績がモジュールの性能評価技術、品質管理、製品開発の基盤となっており、常に改良を続けています。

さらに、自社ブランド製品につきましては、AON-COFCO社(世界最大の保険コンサルティンググループ)との二重保証体制、リニア出力保証25年、経済損失補償10年と保証面も充実。長期信頼性およびその保証体制に関する認証「JIS Q 8901」を取得しており、お客様に長期間にわたって安心してお使いいただくことができます。

当社は、『自然エネルギーを普及させ、永続できる社会の構築に貢献する』という志を胸に活動しております。これからも自然エネルギー普及につながる事業だけに注力し、お客様の求める製品・サービスのご提供、最適な提案を行うことができるよう引き続き努めてまいります。

本件についてのお問い合わせ先

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社 インフォメーションセンター
TEL: 0120-338647  ※営業時間10:00~17:00(土・日・祝日除く)
メール:「お問い合わせページ」のメールフォームより送信ください

一覧に戻る